2/1 粟ヶ岳
なにほど厳しい冬となるのかと身構えていたものの ふたを明けてみれば「超」のつく少雪。
しかし晴れの日が多いわけではない。たまの青空はおおむねウイークデイ。勤務中に白銀の峰嶺をよだれたらして眺めるのみ。
前日夕方の予報では晴れるのは朝までというので行く気はないまま寝る。
しかし朝の予報によれば晴れるのが昼までに変わった。なら、行こうかと、、。
7:27 家発。
 道中のセブンでお昼調達。 中野橋の気温表示−3℃。
8:25 登山口着。
 先着は4〜5台。kobaさんが出るところ。軽くあいさつ。
3季用皮製軽登山靴 ワカン Wストック アックス 10Pクランポン 
8:42 歩きだし。

今回のルート

9:04 山の神。
 取り付きでクランポンセット。はじめの急登こそクランポン有効なシーンだったものの、ワカンに適した場面となり履き替える。
10:15 3合目。

10:52 大栃平から        右:砥沢峰

同じく 大栃平から

さらに 大栃平から  守門

 核心部の鎖場。先行者のトレースとアックスを持って来たことから、怖さもさほど感じずに這い上がることができた。
11:38 粟庭の頭

    毎度きつさピークの砥沢峰への登り

12:14 小屋。

 山頂を往復してきて休んでいるkobaさんと話す。

 高度を上げると風も強まる。クラストしている。所々アイスバーンと化し、ワカンの爪が刺さらない時もあった。寒さと時間と披露と空腹から山頂はやめようかとも考えだす。

 葛藤しながらも前進。

 ここまで来たら行くしかない との答えに辿り着き

13:22〜27 粟ヶ岳山頂。
          かげりゆく、、

              、、川内の峰々

 北峰からの下りは恐ろしかった。ワカンからクランポンに換える。かかとを刻み付けながら高度を落として行く。

 鎖場手前で食事休憩。ライターを忘れ、温くなったお湯でのカップラーメンが侘しさを増す。

16:55 山の神。
17:22 車着。
 かなり薄暗いが真っ暗ではない。
17:41〜18:15 七谷コミセン(100円風呂)。
この日の入山者は9名。
歩きだしの遅さが悔やまれる。
最後の林道歩きでは手足がポカポカ暖かくなった。
血の巡りが良くなると思考も幾分前向きになるかもしれない。

時間帯からして100円風呂は混んでいるか と少し心配したがさほどでもなく 実に気持ち良く堪能できた。
この風呂を気持ちよくするために寒風吹きすさぶ山へ行ってきた と  言えなくもない。
2/2記

玄関にもどる