3/9 毛無山
「けなしやま」下田にある同名峰は高桑信一氏、羽田寿志氏、武田宏氏 などの著書によって認知されていると思われる。
一方こちらはと言えば、知っている人はかなり少ないのではないだろうか。20万分の1地勢図に山名表記なし。
筆者は小荒井実氏の「飯豊連峰.山と花」という写文集で初めて知った。
   brekfast in the car

今回のルート
7:30 歩きだし。
 先回は少し林道を進んでから取り付いたが、今回は車を停めた所のそばからすぐに取り付いた。断然、今回の方が楽。
 烏帽子山   標高560付近から

         川内山塊  同定は難しい

                              御神楽岳

11:05 毛無山山頂。
12:15 下りはじめ。

       さる

  勝手に命名:だいおうまつ

13:52 車着。
 
 スノーシューで青空の下、歩きだす。早々に樹間から烏帽子山の鋭角なスカイラインに釘付け。なぜかいつもより息が上がる。ペースを落とす。
急登パート1は枝をつかんでじりじり這い上がる。
急登パート2でワカンに。アックスも使う。
737から東に行くべきなのに北に進んで尾根が急激に落ち込むまで気づかなかった。右に雪庇ができていた。ということはその尾根は北に向いている公算が高い。冬期は西風が強く東側に雪庇ができるから。間違って進んでいる時にはほとんど下っていると気づかないが、もどってみると登り返しがきつかった。
毛無山は名とは異なり木々があり展望は乏しい。手前鞍部で南面を望みながら大休止。風も弱く日差しが気持ち良い。

帰りは終始ワカン。

鹿瀬の赤湯300円。内湯は暴力的に熱いので露天風呂へ。そこから見える林に野鳥用の巣箱があった。

3/10記
3/13画像追加 

玄関にもどる