5/18 佐渡ロングライドB130

  

               間もなくスタート

                  Bコース概念図

               角田  と  弥彦

 宿は港とスタート&ゴール地点の佐和田のほぼ中間の新穂。
6:35スタートのゲート通過。やや向かい風だがアドレナリンが豊富で思わずがんばり過ぎる。長距離走ではその速度を落としてもなるべく止まらないで走り続けることが大切。いったん停止して再スタートを切る時には大きなエネルギーを必要とするから。
 しかし高額のフェリー料金を払ってせっかく来たのだから、ビューポイントではカメラを出したい。だから「おぉ!」となったポイントではのきなみ停車してそれらを切り取った。
 島の北端辺り「はじき野エイドステーション」までは周りの景観の素晴らしさも有り、疲労感はあまりなかった。
 休憩後、東海岸を南下。思いのほかあるアップダウン。これまでのやや無理目な走りのツケがまわってくる。前回、秋に走った時もやはりここらで相当疲れたのだ。
 両津の弁当ステーションが遠い、そしてBコースのゴールはさらにそこから30km残っている。追い討ちをかけるようにゴールから港まで15キロ、最後の10キロ弱は宿にデポしておいたパンパンのザックを背負って、ということになる。これらのメニューをなしとげる余力はすでに無いことが自覚できた。イコール両津で戦線離脱、途中棄権、敵前逃亡、、しかし悔いとかはほぼ感じることは無かった。己のボキャブラリーでは表現することのできない素晴らしさ、それをこのイベントは持ち合わせている。どれだけの熱い思いを持った地元裏方によって形成されているか、それらに報いる術(すべ)は何なのか?
 冬型の気圧配置の残る、降るかもしれなさげな曇り空と向かい風の朝。
 コーナーを曲がって展開する景観。潮の匂い。遥か彼方のインディゴブルーの水平線。
 両津港へと帰還するさいに、わずかに残雪を抱く金北山が「こっちもな!」と、こちらに視線を投げ掛ける。
 リピーターの多いイベント。それも無理はない 自転車乗りにとってのパラダイス。それが佐渡ロングライドだから。

玄関にもどる