6/7 頼母木山.えぶり差岳
4:08 家発。
5:24 奥胎内ヒュッテ着。
6:00 歩きだし。

今回のルート
  はて?車止めから登山口までのアプローチ、今まで歩いたことがあったか?たぶん無いような気がする。自転車かまたは原付で済ませていた。

6:46 登山口発。2.92km

      滝見場   から    8:00

      に の う じ

      高かった 西ノ峰も ようやく 、 、 、

9:29 大石山分岐。

  ハクサンイチゲは盛りを過ぎ、背景の残雪を纏った山並みは白いベールの向こう側。

  それでもベールの切れる瞬間を待つ。

11:00 頼母木山。9.40km。
  春に辿ったのは?と探すがその跡は見いだせない。

11:25 頼母木小屋。
  中条の亀山氏ほか10名ほどが小屋の受け入れ準備をされていた。トイレの便槽内の温度を上げる為にソーラーパネルを設置。それによって、より「かくはん」が進む とのこと。
   残雪の量は多い気がする

        コイワカガミ

  新発田のH氏らと交差。頼母木小屋で泊まりそうな人数を訊かれる。
12:06 大石山分岐。11.53km。

  ときおり雲の切れることも無くなり、ほぼガスの中のえぶり差往復。鉾立峰の標柱は無くなっていた。
13:07 えぶり差岳。13.84km。

     玄翁碑

13:34 鉾立峰。
  (主稜線)最低鞍部からちょっと登り返した辺りで休憩&腹ごしらえ。
14:30 大石山分岐。
15:20 水場分岐。

         ガクウラジロヨウラク

  帰りの舗装路歩きが嫌になるかなと想像していたが、この距離ならばそれもさほど感じなかった。

         受け入れ準備中

18:05 車着。23.65km。
19:34 家着。 119.4km。

 花は平年より早く旬を向え、いずれも終盤の様相。
 一方、稜線近くの雪の残り方は多い と見受けられる。
 冬、雪は少なかったが春から最近までの気温が平年ほど上がる日が少なかったためと推測。
 
 ヒュッテから登山口までの道沿いに猿の群れがいるのでは?との心配は行きも帰りも全く会わず。
 ほぼ日差しは無かった為、日焼け止めを塗らなかった。しかし帰宅すると家人から日焼けがすごいと指摘される。
 ブヨ、集団にたかられるようなことはなかったが休んでいると集まってくる。車に着いてから帰りの準備の時に蚊かブヨの被害。

玄関にもどる