7/6 大日杉〜五段山.切合.地蔵岳
土曜深夜2時過ぎ1回起きる。よく寝たなぁ〜。という感覚は無く。
このまま(山へ)行ったらいろいろと不都合が生じる可能性濃厚。その感覚に素直に従い2度寝。

日中は近くの山のディティールがよくわかる澄んだ空気感の日となった土曜
ふんだんに昼寝をして備える。
 0:18家発。
白い森「おぐに」で洗顔、歯磨き(9分)。その先のコンビニで食事(32分)。県道8号線へ右折。ワインディングロードは幅員のせまい箇所もある。
 3:04大日杉着。

今回のルート
4:02 歩きだし。

 日の出はだいたい4時半。まだ薄暗い。通い慣れた道なら問題無いのかも知れない。今回は「行けばわかるだろう」クラスのやや判然としない道。案の定数回ルートをロストし、行ってはもどりを繰り返す。なんとかしっかりとした道に乗る。

6:20 五段山。3.87km。

 五段山から剣が峰手前は多少のアップダウンと湿度の高い登路。地形的に水はけがよくない。湿地性の植物が多い。

7:37 地蔵山。

  1520辺りで@48円(税別)おにぎり2個。冷蔵庫に入れたのが悪かったか、きのう食べるべきだったのか、ごはんのつぶにいっさいまとまりが無くぽろぽろに。まずさここに極まれりだったが、根気よく租借して有無を言わさず、胃に強制連行。

9:12 三国小屋通過。8.81km。

  すれ違う登山者も多くなる。

 飯豊.山形側山開きの人々でにぎわう切合小屋周辺。見知った顔もちらほら。しかしシャイなので声かけはしない。給水し、下りにかかる。
10:49 切合小屋発。11.44km。
  ルートがいまいち判らず、アイゼンを着けていたパーティーに教えを請う。
 雪渓を下るのだがノーアイゼンでも行けると判断し下降する。やや緊張しつつも夏道に乗る。
 しばらく行くと、また雪渓。しかしさっきよりはマイルドな斜面。

  地蔵岳への登り返しは思ったほどきつくなく、梶川尾根の湯沢峰の方が個人的には堪える。
       地蔵岳から

 登山口への下降も飯豊の中においてはマイルド。やさしさを感じずにいられない。

 大日杉小屋横を通過、橋のたもとで靴底をタワシで洗い、手拭いをゆすぎ、頭も冷やす。登山口近くに豊富な流水があるのは実に重宝する。
14:55 車着。19.97km。
 風呂はゆ〜むではなく雲母温泉へ。居合わせた村上のお2人からおすすめ温泉情報 get 。
17:55 家着。232.3km。
この周回、逆回りだときつさは上昇すると思う。
昔だったら日の長いこの時期、一日めいっぱい歩いたかもしれない。
今はそれをやったら生活に支障をきたすのが目に見えている。
と言っても、一日経過した今、ヘビーな筋肉痛に苛まれてはいるのだが。
7/7記

玄関にもどる