7/12 朝日岳(みなかみ)
先月6/15に、この登山口である土合へ向かっていたが靴を忘れて登ることができなかった。
あの日靴を忘れていなければ
コートジボワール戦をリアルタイムで観戦しなければ
あるいは勝っていたのではないか?
そんな疑念がうずまいているのは事実である。
あの初戦のつまづきが全てを決定づけてしまったのではないか?
そして初戦を突破していたなら
なにも野々村元兵庫県議もあそこまで泣くこともなかったのかもしれない
いや
これは全く関連性が見いだせない
アレは単なるバカ。ちなみに幸か不幸かタメである。
しかしあの泣きはどういった思いが溢れ出た結果の涙であったのだろう?関心はそこにある。

今回このエリアを目指そう という気に至ったのは
山モコさんのこちらを拝見したため。
 水曜、木曜あたりにきっちり睡眠を心がける。金曜夜はハイに成り過ぎて、なかなか寝落ちできない。それでも横になると体は休まる。と、思い込むようにしている。
0:11 家発。
 日付が日曜になって動き始める。
目的地は南南東。小出までは下道。加茂から三条に入って間もなく、常時使っている県道9号が工事のため迂回を強いられる。去年も長い間行っていた区間。ここを遮られると調子が狂う。なんとか栃尾へ。あとは勝手知ったる通岳道路。道の駅「ゆのたに」まで2H。以前は遠かったイメージだが今ではワンピッチで到達。
 ETCカードを入れていざ関越。車は少ない。周りの流れを気にすること無く、最も効率が良いだろうと思われる2000回転ほどでクルージング。どこにも寄らずに水上ICで関越にさよならを告げる。先回目星を付けておいたセブンへと滑り込む。買うものは無いがお湯をもらう。持ち込んだものを軽く腹に納め、照明の下でパッキング。

今回のルート
4:36 歩きだし。
4:49 登山口。登山届け記入&投函。東黒沢橋渡る。

7:40 白毛門山頂。

  牛首山と大日岳に見えなくもない

8:23 笠ヶ岳

9:50 朝日岳山頂。7.53km。
 この三角点で折り返すのはもったいない。その先の湿原に手招きされるまま歩を進める。

10:13 本谷山(ジャンクションピーク)8.39km。
 数歩、巻機山方面に踏み込んでみる。笹は被っているが道はわかる。

10:40 朝日岳 再び。
  エブリスィングズ いっつぁ でり〜しゃす

 地元 上州 山girls

11:25 朝日岳発。

12:23 笠ヶ岳発。

13:12〜23 白毛門。
13:56〜14:15 松ノ木沢の頭。
14:46〜15:09 休む。
  白毛門と登山口の間は地図や先達の感想などから「急登」カテゴリーに入るものと思われたが、飯豊.梶川尾根下部「楢ノ木曲がりから下」を歩き慣れた者のとってみればその感想はマイルドめな急登、と言ったところと思う。
15:55 東黒沢橋。16.19km。
 先週同様、沢で靴と顔を洗ってさっぱり。
16:10 車着。16.98km。
16:26 駐車地(土合駅)発。
 すっかり真夏の様相を呈する下界。GJC(グリコジャイアントコーン)を求めて、夜は営業していなかったコンビニへ。買い、かじりつき、人心地つく。
 朝も寄ったみなかみのセブンではっけコーヒー。16:55ICへin。17:36 小出ICでout。ノンストップで、、、
19:30 家着。 342.8km。
湯檜曽川を取り囲むこの尾根、多くの人々が憧れ、また実際に歩いてきた。その魅力に異を唱えることはない。

ただ、リッター170円時代の今財政的な見地に立って検証する時、かなりのダメージを与えられてしまうのは否めない。
従ってもっと近場での山行が今後は続くものと見られる。
7/15記

玄関にもどる