7/21 門内岳
【海の日の制定について】
 一、山好きな者として見れば7月第3月曜は非常に天候が不安定な公算が高い。「梅雨明け近くの」という枕詞とともに毎年聞こえてくる。
 土曜の休みと3連休にして、8〜9割をしめるワーキングプアどもをレジャーに駆り出させ、それにともなって消費活動していただこうではないか。
という金が余ってしょうがないアポーな人たち(アウトドアレジャーなんかしねぇんだろ?アンタら)によって制定されてしまったのだろう(推測)。

これはひとつの例にすぎない。もっと下々の声を反映されたなら、ちったぁマシな世になっている気がするのは筆者のみであろうか。

 せっかくの3連休、天候的不安要素かかえながらも積年の憧れの地へ突っ込む。でかすぎるリスクとともに。その結果は、、、、、、。 

予定では1時半ころ起きて出かけるつもりだった。
起きて時計を見たら2時半前。1時間押しだけれどもそもそと動き出す。
前夜はトン汁、すでにタッパにてスタンバっている。
2:41 家発。
3:31 ラストコンビニ:セーブオン関川。お湯をもらい、トン汁をチンしてもらう。 3:45発。

4:23 天狗平着。
 天狗平で朝食を

【不安定な天候に翻弄されるの巻】
 登山者カード記入。
5:25 歩きだし。

今回のルート
 気持ちを上げさせてくれる 青空のぞく

 こういう所=下りたくない

6:05 小ピーク765通過。
6:50 夫婦清水。
       倒木

 門内泊まりの学生ペアと交差。弥平四郎発、切合泊の3日目、青春18きっぷ利用。花がすごかったとの感想に感激。
 
7:42〜52 1500弱にて小休止。
 
 門内幕営の学生パーティーと交差。
     「天気がいいのに降りるのもったいないですね。」  「ええ、渋々降りてんですよ。」
 
8:02 丸森峰。3.11km。
           青空〜  やっほー

  梅花皮泊まりのF市ソロ女性と交差。TVクルーと同宿とのこと。

        ♪ え ぶ り 〜 さ 〜 し 〜

8:44 地神北峰。
  高度感ある〜  蒲原平野   手前:頼母木小屋     鉾立峰

地神山、扇ノ地紙の間にて 前方から2名のトレッカー

あいさつを交わさずにいられない筆者は当然たずねる
どこで泊まりました?
「門内です。」
お住まいは?
「新潟です。」
新潟市?
「となりの阿賀野市です。」
え!オレ安田
「私も。」

屋号まで聞くと、おそらく直線距離で1キロ未満というご近所さん ということが判明。
山で会った近くの人ランキング更新。

9:45〜門内小屋。
 
   これ青空だったらもっと、、、、

  カップラーメンでゆっくりする。管理人さんと硬軟織り交ぜた話しをトンボが舞う下でかわす。

10:30 門内の山頂方面へ歩きだす。

11:00 引き返す(雨で気持ちがぽっきん)8.72km。
 
  降雨がなければOTJ氏に会ってお話しを伺いたかったのだけれど、、。
              カッパではなく折りたたみ傘をさして来た道をもどる。
  この時期

     咲く花々は

    雨のしずくが

    とても似合うんです

11:30 門内岳。10.15km。

11:51 扇ノ地紙 11.16km。

 バックシャン(死語)なヒメは

           正面も 美しか

  トキソウ ?

12:28〜50 梶川峰。

13:05                          三本樺。
↑直下

13:18〜55 五郎清水。給水&休憩。
 14:14 滝見場からの十文字鞍部

14:38 湯沢峰。15.54km。

  湯沢峰の肩では 恒例の

  グレープフルーツタイム

15:20 楢ノ木曲り。

 湯沢に降りて靴底をたわしで「こぐる」

15:53 車着。17.72km。

16:02 天狗平発。
先回、雲母(きら)温泉で薦められた湯沢温泉へ。  個人的感想=雲母温泉の方が好み。  
18:31 家着。

山行後3日経過してようやく通常モードとなった感がある。
この3連休、初日に昼寝などで備えたため前夜の睡眠が4時間ほどでも体調は万全だった。
時期を考えたら、ほんの短時間傘のみで対応できた雨だったのはラッキーと思う。

あさっての土曜は出勤
さて
日曜は?どうすんのかね 7/24記

玄関にもどる