9/14 駒ヶ岳
新潟の山屋の末席に居る身としては「三山」は気になる存在だ。
泊まり山をしにくい状況下で登路をつなげていくには「分割払い方式」になってしまう。
それはそれで何回も足を運び、ひとつの頂を違った角度から眺められるという利点と捉えてもいい。
 
十数年の初夏、枝折峠から。おととしだかのやはり初夏に駒の湯から
これら2回はどちらも申し分無い空だったと記憶している。
当然今回も 2度あることは、、と期待しながら行ったのだが、、、。

今回のルート

3:03 家発。
4:25 R252WC 79km。
  ガスカートリッジを忘れた。カセットコンロ用なのでコンビニに求めるも、セブンには無くセーブオンでゲット。
5:08 水無川たもとのセブン。100.5km。

  ゆうべの残りのごはんとおかずを「これ温めてもらえますか?」
  気候が良いので駐車場の縁石に腰を掛け食べる。
6:28 三山森林公園駐車場着。108km。
  車は十数台、ひとりの登山者が準備中。話すと愛知県からと言う。長野までJR、レンタカーでここまで来た100名山ハンター。見た目40前後。

7:00 歩きだし。

 今は水量も少ないカグラ滝を左に見て過ぎると、去年7月末の初訪時に驚かされた大量の雪の残るポイントが目視できる。

 ”越後の山旅.下巻”によれば
   水無川対岸(左岸)891m峰「笹端(ササバナ)峰」が見上げるように高い。その東斜面の神楽崎は灌木の疎生した長大なスラブで、冬期間は底雪崩が連続発生し、甚大な堆雪が水無川を越し東岸へ乗り上げて残り、水面の大空洞から川とともに白い息を吐き出し、25000分1地形図に万年雪記号が印されている。 

7:47 十二平登山口。3.17km。

  一人目の下山者が降りてくる。公共交通機関利用で十字峡〜駒の小屋泊まりの東京の男性。入下山口どちらもバス停から登山口まで1時間かかるそうな。

寝なくても大丈夫? 9/14日記参照

9:42 1308滝ノ沢峰。
  このラインはどこなんでしょう?

11:05 グシガハナ。6.48km。ガス
    ジモティー30代ペア

11:52 駒ヶ岳山頂。8.15km。

12:05 中ノ岳分岐。8.72km。
  少しグシガハナ方面に入った所でカップラーメンとポタージュスープ摂取。
  ソロが来たので話す。多摩の人で、18年前にグシガハナルートを歩いたとのこと。1年間だけ新潟市内に住んでいたこと。今日はバスで枝折峠からアクセスしたこと。下山路を未だ確定してないこと、、など。

12:43 中ノ岳分岐発。

13:00 ソロと交差。新発田の人、駒の小屋泊まり。

13:08〜16 グシガハナ。

15:45 十二平登山口。

 盛夏には沐浴もアリ?

16:33 駐車場着。
16:47 駐車場発。
18:56 家着。213.6km。

飯豊.梶川尾根下部と比較してどうだろう。いい勝負ではなかろうか。下りはもっとイヤらしいかなと身構えていたが「2度とくだりたくない」とまでは思わなかった。

グシガハナから五竜岳と御月山のライン、および檜廊下&天狗平のラインを穴があくまで眺めたかった。
9/18記

玄関にもどる