10/12 大上戸山
 朝日連峰が好きだ。いくつかあるその登路の中でも新潟側はここ三面のみ。

三面、その持続可能な生活様式の優れた手本として存在していた。
ダムの建設には「それって要るの?」という疑念を抱きつつも
ダムができたことによってもたらされているアクセスの恩恵を受けている事実。
 日東道を使うか思案したが目が覚めたのが3時前で時間もあることだし下道で行く。
 水原、新発田、あとはR7で。三面方面分岐の古渡路のセブンで食事と準備。
 朝日連峰三面登山口の看板を見落とし時間のロス。
 下っ腹からの朝の呼びかけがあったが登山口にトイレは無く、手前のメモリアルパークあたりで済ませるべし。

今回のルート
こちらも
 しばらくは平坦な道を行く。自転車でも行けそうなほど。しかしそんな状態は長くは続かない。

 水量のごく少ない流れを横断するのが2回ほど。
               三面川

 1時間ほどで、、、
          吊り橋@平四郎沢

 太い幹はあまりないブナ林を貫通。

1階のドアには雪囲い  三面小屋

 三面川本流橋を渡ったら右へトラバース というのを頭に入れては来たのだけれど、まっすぐ踏み跡があるのでそれにつられて登ってしまった。
 登るに従いその踏み跡は薄くなる。右へのトラバースはどこだ?と上がったり下がったり。
 結局、橋のたもとまでもどってトラバースの時に使う鎖を見つけてめでたしめでたし。

    名物 パート2 が見えてきた

                 重なりあう稜線に萌え

             

               大上戸山頂を射程距離に

大上戸山頂

                         右 遠景:飯豊 賑わってんだろうなぁ

ランチ休憩は山頂からちょっと下がったあたりで。
        大上戸の岩場

  最も笹が被さっていたところ

 日没は17:10ころ。平四郎沢通過時は明るかった。
 17時前にラスト休憩。以降はヘッドランプを首にかけて歩く。結局、車まで点灯せずに済む。
 帰路は朝日三面から荒川胎内の無料区間利用、県道3号で新発田経由で。
秋のこの時期で6時間かかるってことは初夏だと7〜8時間要るんではなかろうか
それでも日照時間も長いのだからという意見もあろう。
三面〜北寒江山。よく聞くのは「1回歩けばよい」という声。
それに対し反論するセールスポイントは残念ながら見出すことはできなかった。
潔いまでに「華やかさの無い」ルート。そんな形容しか浮かばない。
そう。華やかさの無いことがセールスポイントなのだ。
個人的には2回目も大いに有り得る。
【参考:ロングトレイル】
以東岳 24.6 11h
北また岳 掛留沢登山口からおおいんの尾根 24.03 14h
 蛇引尾根 大朝日岳 23.13 12.5h
吾さく新道〜茂倉新道 21.08 11.8h

今回:25.27 11.25h
10/15記

玄関にもどる