10/19 粟〜白山
白山または粟ヶ岳に立った岳人は、川内の山々へ縦走の足を伸ばす以前に、
両山の間を縦走しようという誘惑に駆られるだろう。  
越後の山旅 上巻 p337 より 引用
 と、いうわけで例にもれずその誘惑に駆られたひとりがここにいる。

 初めての白山は2004.1/4 。そして粟ヶ岳が同じ年の11/7。当時はまだ両山を繋ごうなどという考えには至らなかった。

 それが何を勘違いしたのか今となってはやや理解に苦しむが、2008秋に粟ヶ岳の新ヶ沢登山道を歩く気になった。橋立手前まで道を見いだせず、のたうちまわって進んだ。帰宅後、チャドクガの幼虫の洗礼を受け、翌日皮膚科受診と相成った。

 その後秋に、笠峰を絡めて上高柳から橋立と宝蔵山。
  
 さらに春のはじめころには、大勢で宝蔵山経由で白山を歩いた。

 このように、粟と白山の縦走路を分割払い方式では一応辿ることはできたのだが、やはりバシッと通しで歩きたいと思うのが山歩きを趣味とする者の性(サガ)。その機会をうかがってはいたのだ。

今回のルート

山レコ   
4:07 家発。
  村松のセーブオンで持参の朝食(30分ほど)。
5:20 白山登山口.黄金の里 着。
  車はここにデポし、積んできたMonkeyを降ろして、、 
5:42 Monkeyで下田側の粟ヶ岳登山口へ。ウインドブレイカーと雨具を重ね着しても寒い。しかしこれは放射冷却によるもので晴天が約束されたものと思うことにしてこらえながら進んだ。

 いい湯らていの横に「粟ヶ岳登山口」があり左折。突きあたりを左が正解なんだけど右へ行ってしまい時間とガソリンのムダ使い。もどってなんとか目的地へ着く。

先着の車は1台。MonkeyをLockOnしてパッキングし直そうとしたら、K市のO氏でびっくりした。同行のK氏とははじめましてだが、かつてネットでお顔は存じていたのでちょっと話す。あとで聞いたら、お二人は下田から上がって一本岳へ、下りは加茂側だったとのこと。

7:00 歩きだし。

         猿飛滝

7:45 水場。
7:58 粟薬師。

  ここ下田ルートの目玉がここ粟薬師辺りのブナ林だと思う。

 ちょっとした鎖場を過ぎ
8:14 天狗の水場。
          奥:守門  中景:烏帽子岳

          午ノ背

9:03 今まで東南東をむいていたのが北西へ屈曲。
          駒出川源頭

9:16 粟ヶ岳。
  先着1名。しゃべりたくて白山まで行くと言ってしまう。
    三条高校山岳部数名と交差。デカザックなので「どこか縦走するんですか?」と問うと「訓練です。」
       その後、女性ソロとも行き交う。

9:30 粟北峰。
  ここから七頭への下降が急降下に感じた。日当たりがいいのかかなり草の勢いがよい。ブナ林で拾った杖で草を分け、足元を確認しつつつかめる草をつかんで下る。
 空腹を覚えたので平らで見晴らしの良い所でザックを降ろし、高カロリーなドーナツやら諸々を食べる。
        振り返る北峰

                        一本岳

     權ノ神

    形を変えていく北峰

         五剣谷  堂ノ窪  青里   矢筈

 もっとも草がかぶっていた所

10:38 鞍部シバクラのクボレ
  ここから權ノ神への登り返しがきつい。
     スラブ      奥:御神楽

10:53 權ノ神岳。
             一本岳      粟ヶ岳

 權ノ神岳からはきれいに刈り払いされていた。なだらかで力を抜くイメージで足を出し続ける。途中短いがロープの下がった区間もあった。

11:37 最低鞍部。
  678Pを越えて、、、
11: 橋立。

11:58  宝蔵山への登りが始まる 630辺りでお昼。

13:07 宝蔵山。
 三角点は縦走路から少し離れた所にある。 もちろんしっかりとタッチ。

       白山が近づく

14:06 白山。
  誰もいない。

14:54 5合目.袴腰。
            著者近影

15:52 車着。

  それからMonkeyを取りにもどり、車を返して(水原)バイクで帰宅。山行自体よりそれらが疲れてしまった。

10/23記

玄関にもどる