11/24 粟ヶ岳
22(土)は出勤。 23(日)の朝6時から町内行事(お宮掃除)。
24(振替休日)は前夜の予報が朝になったら下方修正。やる気もダウン。
布団の中で煮え切らないままウダウダ。
そんな状況を打ち破るべく起床。

朝食を摂って、、
7:10 家発。
  ほぼ出勤時刻、、、、、。

今回のルート

8:22 歩きだし。
 登山届けを書いて投函。取り付きが2月に来た時と変わっていた。マイルドになっている。2合目の看板までがきびしい。1ヶ月ぶりの山だからか?
 2合目以降は少し水平移動でクールダウンできる。しかしそれもすぐに終わり、梯子も出てきて再び息が上がる。
9:05 3合目。
 ここから4合目の間も斜度が緩んだ感覚のないまま忍の登り。雪の残骸があらわれる。
 大栃平のベンチを過ぎ、5合目。砥沢峰はまだ高い。
  3連梯子、鎖 ともに露出している。
                 守門

10:00 6合目、粟庭の頭。
 雪はまだ少なく下降もトレースをなぞれば問題無い。いつ来ても砥沢峰への登りはきつく思える。
10:21 小屋通過。
 通り過ぎようとしたら、小屋のドアが半開きで中で休憩中の人から声をかけられ、名前を呼ばれたのでもどったらkobaさんで、もう一人の人といっしょに下田へ降りるとのこと。

            北峰から權ノ神、白山。

 風が強くなってきたのでフードをかぶる。
       本峰                      中峰     

11:14 粟ヶ岳山頂。

 トレースをなぞっているつもりだけれどズボッと潜ることしばしば。
 わずかなのに砥沢峰への登り返しが堪える。
12:02〜12:47 小屋でお昼。
   小屋から北峰。

 登山届ポスト近くの沢で靴底の泥落とし。
14:22 車着。
 14:39 駐車地(第2貯水池)発。
 14:52〜15:32 七谷コミセン(100円風呂)。
16:11 家着。 往復70.0km。
11/24記

玄関にもどる