12/28 粟ヶ岳
一ヶ月ぶりの休日好天。2の字かアワか 前者は前回行ったので後者へ。
6時ころ除雪端着で6時半ぐらいから歩きはじめたいなと思っていたが、家をでたのが6:40。
車は5〜6台。
晴天故、放射冷却で冷えて歩くぶんには好条件。
第2貯水池堰堤の雪もまだ高くなく怖さをかんじるほどでもない。
登山届ポスト近くの沢を越えてすぐの斜面にトレースはついている。夏道はもっと奥から取り付く。
トレースはあるが急登には変わりなく、速度は上がらない。
いったん平坦になり、再び立ち上がる辺りでワカンを着ける。
3合目、主尾根に乗る手前も急登。梯子は埋まっている。

あいかわらずなだらかにはなってくれもせず、ベンチの雪の下であろう大栃平。
3連梯子も雪の下。トップの人は苦労したと思われる。また、帰りは怖いかもと思える角度でトレースは刻まれていた。
鎖場は雪が多く、かつトレースが絶妙で怖さを感じることなく通過。
粟庭の頭の通過も先行トレースをなぞれば無問題。
ここから小屋のある砥沢峰まではいつも疲労から足の止まる事が多い。今回もしかり。

小屋でまだ高く遠い北峰を仰ぎ、しばし思案(山頂は踏めずとも、もうちょっと登ってみよう)。

1100mほどからかウインドクラストしはじめる。
先を行く登山者が豆粒大で確認できる。5名のようだ。
北峰までなかなか届かない。ワカンの爪がやっと立つほどカチカチの雪面。

北峰まで来てなんとか山頂も射程距離に。七頭へのルートや川内の峰々の視線にはげまされじわじわと山頂が近づく。先行の人々は山頂へ達したようだ。
そのうち下ってくる登山者と交差するようになる。風はさほど強くない。
どうにか山頂着。

5(月)作業中

玄関にもどる