2/21 二王子岳
 この青空を 愛すべき 山にハートを射抜かれし者たちに ささぐ  
  ノーマルルート 往復  
毎年行けるものでもない この時期の二王子岳は。
なぜならば休日と天候とモチベーション、それら全てがそろわなければならないから

前夜、寝るまでは高知山経由か神社経由かで決めかねていた。
中尾根は私の選択肢にはない。



朝、新聞の「きょうの運勢」によれば
「心細かろうが他に道なし。目をつぶって前進」
と あった。
これ以上ない不吉さプンプンである。

石橋を叩きすぎて渡れなくしてしまうタイプなので
ここは手堅く、神社経由とその時決断。

今回のルート
4時過ぎに家を出る。「東京ポッド許可局」を聞きつつ運転。

五十公野分岐のファミマでにてお湯を頂戴。

今の車はノーナビなのと未だ暗かったので、途中の右折ポイントを通り過ぎてしまう。

セブン新発田川東店のロードマップで確認し、仕切り直し。無事に南俣着。

6:15 歩き出し。

       7:00  太鼓橋

7:08 二王子神社。
  ほとんど高知山方面へ行ったようで先行者はひとり。

  冬の登路、一王子までは登山道の南の尾根を行くため小屋は気づかない事が多い。
8:15 一王子(横通過)。

  後ろからソロが来たのでパスしてもらおうと脇によけた。
  しかし、この新発田の還暦+α♂氏は長距離走におけるトップアスリートであることがわかる。
  話をうかがうといわゆるそのレベルが全国クラスなのである。
  
  年を訊かれ、告げると  いっちばん頑張れる時だ  と激励される。
  
  今日は、粟もいいだろうねぇ

 

9:05 定高山(独標)。

9:32 ザックを下ろす。

9:55  小休止終わり。

10:26 油こぼしを登り切ると 高知山経由の登山者が点々と歩いているのが見える。

  今頃の 蒜場山って  どんなだろ?

11:03 山頂。

 13:21〜14:22 神社にて 


   山思えば 人恋し  とか なんとか 聞いたことある気がするが


この日 
山を歩いている最中は 風もなく 自転車日和だよな〜 っと ずっと思っていた。

実際、夕方少し乗ることができた。


今は チャリに恋し 山を愛しているのだろうか おそらく そうなんだろう。

     ヤマレコ
     別角度から仰ぎ見るシャープな二王子岳  翌 2/22


2/24記

玄関にもどる