4/4 神生池
 
はじめからここへ行くとは決めていなかった。
ただ夜に大雲沢ヒュッテでの予定があったので魚沼のどこかの山を 
なかでもこの時期の巻機に強い想いが有った。しかし予報では今ひとつ    
ほかは守門の大岳 or 黒姫  もしくは浅草岳  
そんな山々が頭の中にはあった  
 
 
 權  七頭  粟   手前:JACKEY 後頭部

  水無川たもとのコンビニで朝食  8:03発

 六万騎山へむかう人々

8:39 三国川ダム


今回のルート
9:44 歩き出し。
 雪で埋まった舗装路を北へ。はじめのヘアピンカーブ辺りから右の斜面へ入る。ここでシュー着ける。

 上に見える送電線鉄塔を目指し、登りやすそうな所をつなげていく。
こんな区間はごく短い

   シューは外す

 思ったより早く、、↓  この景観が得られた
   中ノ岳   日向山

   高倉山

         中ノ岳

  巻機山方面の雲は終日まとわりついていた

    八ツ峰        入道岳

 
 初めての阿寺山へは広堀橋からの尾根をブナの芽吹くころ歩いた。
 その展望の素晴らしさは体験済みではあった。

 今回のルートは前半がなかなかの等高線の混み具合ではあった。
 しかし、雪があると実際歩いてみればさほどでもないこともある。

 で、実際歩いての感想は地図ほど急登には感じなかった。

ここを歩いて思うのは、越後三山縦走。
日帰りははなから視野には入っていない。
諸事情で泊まり山を出来にくい環境下にある。
それを緩和する努力が求められる。 抽象的な表現しかできない。

あの暮れていく時の空の色の変わり様、夜の幕が上がり一日が始まる あの感じ。それを好きな山で迎えられたら。その後の下界でのチカラに成り得るだろう。
 

 山れこ  
 

4/10記

玄関にもどる