5/3 ネコブ山
 
マイナー12名山だから行ったのかと、問われればそれも理由のひとつではあるが、それだけではない と答えたい。


結果的には4月4日に事前調査した形にはなるが、同じダム事務所から阿寺山の南尾根を歩いた。その時、登りはネコブ山を背に受け、帰りは相対しての下りとなった。次は向こう(ネコブ山)を歩いてみたい 必然的にそう思わざるをえないのではないか。

 まだまだ「前フリ」は長い。

市の図書館から植村直己「青春を山に賭けて」を読んだばかりだ。おもしろかった。
筆者が高校生のころマッキンリーで消息を断った。
山が好きなら、山で死ねれば本望だろう という問いに「そんなことは絶対にない」と彼は言う。

山で逝った知人もいる。
誰もが畳の上で愛する人に手を握られながら、言えなかった感謝の言葉を最後の最後で伝えながら三途の川を渡る。そんな理想を描いているのでは。

なぜ、ここで植村直己氏を引き合いに出すのか?

家から三国川ダムまでは2時間半。これを近いと見るか遠いと捉えるか。
筆者は後者なわけである。

遠いとベースキャンプが要る。
それは前もって登山口により近い所で車中泊することを意味する。ベースキャンプというワードが植村直己氏を連れてきた(頭の中で)のだろう。



よく道の駅で車中泊するのを見かけるが、なんかうるさそうと思っていた。

今回のアプローチルートで目をつけていた小出の「響きの森」ここを利用する。
結果的に、車の出入りも少なく思った通りに利用価値は高いと感じた。
 
 とは言え、寝たのかよくわからないまま響きの森を出る。そこから8kmほど先のセブンが重要。トイレ、お湯、さらには持参の食べ物をレンジで温めてもらったり。

 そして登山口であるところの三国川ダムへ。
 

今回のルート
不安と期待の中歩き出す。

【鬼の金棒】は加茂の物 幸いにも前日に近所のスーパーで購入できた

              十字峡トンネル入り口側

      内部へ入って振り返る

 十字峡の小屋で登山者らしき女性がいたので声をかける。曰く、丹後山に上がって、巻機山へ抜ける予定だったが、林道のデブリが危なすぎてそのコースはやめてネコブに転進とのこと。

 導水管の階段下でザックを下ろしパンと牛乳を摂っていると、先ほどの女性と連れの男性が来て話しをしたいたら、男性2名が来た。それがとんばさんと番長さんだった。階段の先の岩場が少し気になっていたので訊く。彼らは先にその階段を登って行った。とんばさんはここは歩いたことがあるというので、これで確りとしたトレースが確約されたと安堵する。

 準備していざ登り始めると速攻で心拍数の上がるのがわかった。この先が思いやられた。

 懸案の岩場は登る分には手がかり足がかりが分かって問題なかった。
 
 少しヤブっぽくはなったが地面が分かったので、刈払い前の登山道といった印象。

         阿寺山     入道岳

 とてもいい感じのブナ林が眼前に開けた時、この山にこんな素敵な空間があるという情報は入ってなかったので嬉しいサプライズといった感じだった。

 雪の上が続くようになって、先行者の1人の足跡にアイゼンの爪跡が確認できたので、それに倣ってこちらも10Pアイゼンを着ける。トラクションを得やすくなったことで、幾分楽になった気がした。

  入道岳                       中ノ岳

  しゃくなげ湖  と  高倉山

 階段下から3時間経過したので補給

 この山の本領発揮の趣きを見せ始める

 全体を振り返ってみて、厳しかったのは下銅倉沢源頭部。
 歩いている尾根の少し西に1457高点の辺り。
 雪堤を進んでいるとそれが切れて前方は足元が心もとない。掴む枝はあった。
 悩んだ。ここを行くのだろうかと。
 行くべきではない と 判断した。そしてそれはイコール撤退しようという判断。

 ここでまた悩む。
 こんな条件の良い日はそうそうない。
 他の経路を模索すべきだ。
 答えは基本に忠実な行動の先にいとも簡単にあった。尾根を行けばいいのだ。

 尾根のヤブは比較的薄く、すぐに次の雪堤が見えトレースも確認できた。
 

 こちらが桑の木山の平原に達した頃、とんばさん達はすでに裏銅倉から山頂部を進んでいるのが確認できた。

 その2人が降りてきた。
 

 とんばさんは この登路がもっとヤブの時に歩かれているので今回は快適だとの印象。同じ所を歩いても感じ方はそれぞれだ。
   裏銅倉1744.1への登り

       こんな所にテントウムシ

1774.1裏銅倉まで上がると、また新たなスカイラインと会えた。

そしてソロが降りてくる。

シャッターをお願いしてしばし話していると
web site【激藪の隙間より】を運営している仕事人さんであった。


階段を下り終え、長く感じるかなと思われた湖岸沿いの舗装路歩きも
登山靴のままでなんら嫌になることもなく車までもどることができた。
途中で家にも連絡がついたし、明日も明後日も休みだし
今の欲求はと言えば、入浴したいのと、空腹を満たしたいことだ。
しかし、どちらもそれを満たしてやると次には睡魔が来るであろうことは容易に察しがつく。
 
ダム管理所の駐車場で手持ちの食べ物を食べる。

風呂は「さくり健康館:370円」へ。

しばらくすると案の定眠くなってきた。

休憩しながらなんとか来る時にも立ち寄った「響きの森公園」までがんばった。

横になって、次に気がついたら2時間ほど経っていた。
外の空気を吸い我に帰る。なんとか家までドライブできそうだ。

玄関の鍵はロックされていたが日付はかろうじて未だ5月3日だ。

山で食べる予定だったカップヌードルチリトマトとあとは冷蔵庫の中から適当にピックアップして食べた。

 ネコブ山は今回の残雪状況でも、普通の土日では厳しかったと思う。
 前後がゆっくりと休めたからこそ、辿り着けたし、楽しめたのではと思う。

 山に全力投球し、車へもどるころにはボロ雑巾。
 その翌日は出勤となれば、まともに務まるはずもない。
 
 かつてはそんなこともあった。

 そういう山行をしていたころと今と比較した場合何が違うかと言えば
 平常モードに復帰するまでの時間が違う。
 だから、いつまでも昔の気のままでいず、現状をわきまえて山を楽しめばいいのではないか。

 そんなことより ネコブ山はいい山だった。



ヤマレコ



5/12記

玄関にもどる