5/24 大石山
大石ダム 権内尾根 えぶり差岳 大石山 ハクサンイチゲ畑まで往復  
 季節の進み具合が例年より10日ほど早い感じ。
 ハクサンイチゲも単体で見てみてもさほど人を惹きつけるかと言うとそうでもない。
 しかしそれが群落を形成し、さらには残雪模様の山肌と新緑という強力なバックグラウンドがあってこそ「絵になる景観」の出来上がりとなる。

 毎年、飽きもせず さらにはブヨにたかられるのも承知の上でここに通い続けている。

 去年暮れに車を入れ替えH社のザ車中泊スペシャルとでも言えそうな物にした。その機能を活用すべく、今回も寝袋積んで大石ダムで寝る。トイレ横には軽の1ボックスが1台あるのみ。街灯が無ければ星がすごいのだろうと思いながら明るくなるのを待つ。

今回のルート
 林道が右岸から左岸に渡ってわりとすぐに想像もしていなかった大規模デブリがあった。その手前からの歩きだしとなる。

 東俣川の美渓は時折すごい音をたてながら流れていた。

 小1時間ほどのウォーミングアップで1号橋。月夜平のブナの森は相変わらず素晴らしい。
 三吉ノ峰への尾根を辿らず、横がらみの道となる。少しぬかるんだ所から2号橋は近い。

 橋を渡って、ここからカモスノ頭まで第2ステージ。足場の悪い所も有り慎重に足を置いていく。
 
 カモスノ頭には古い菱型看板。

 2号橋から折り返し地点まで8.46km。+林道歩き4.2km(ともに片道)。
  奥胎内まで開くのを待っていては遅すぎる。
 
ヤマレコ

玄関にもどる