8/16 飯豊山
 大日杉を起点にしての山行はこれで4回目。しかし、いずれも飯豊山山頂には達したことがなかった。
 
 つい最近までの日中の暑さに慣れてしまった体にとって、ここ数日は幾分としのぎやすいと思える気候となったいた。
 旧盆の天気予報はおおむねはっきりしない予報で、期待できそうなのがこの日であった。

 前日昼過ぎのモチベーションはけして高いというわけではなく。夕飯の前後でうたた寝、あるいは惰眠、もしくは熟睡。
 気がつき、こんなネパネパした体で寝るのは気持ち悪いので風呂に入る。明日のことを考える。当然、選択肢のひとつとしての候補に山が上がる。何も準備はしていないが行ってみよう。との思いに至る。
 
2:00 家発。
4:33 登山口着。片道113km。
 過去3回の同ルートでは感じなかった「登り返しの辛さ」。
しかし、他のルートにある「しょっぱなからの急登」が無い。それは翌日の筋肉痛の強さにも顕著に現れた。具体的に述べれば、丸森〜梶川などの時よりも翌日のダメージは小さかった。

 暑いんだから、登山口および標高の高い山へ というのが多くの人の思い至るところだろう。でもこの山を選んだことに一点の曇りも無い。
 
 旧知の、そして新たなる岳友の増えたこの山行はおそらく記憶に残ることと思われる。
 
5:00 登山口発。


17:43 登山口着。

     朝食

      山頂ランチ メイン=のっぺ

         山頂にて

    撮れて嬉しいホシガラス?

 姥様にセクハラ

 小型バスで来た 仙台からのツアー客


以下参照 ↓


            山レコ 
 
8/24記
 

玄関にもどる